スポンサードリンク
   


赤ちゃんの子育てに疲れた時のイライラ解消法


赤ちゃんを相手に子育てをしていると 良いことばかりとはいえません。
子育てにすっかり疲れてしまって、毎日が真っ暗…なんていうことは
どのママにも起こりうることです。
子育ての疲れを解消する方法を考えてみましょう。

毎日赤ちゃんと向き合っていると、だんだん煮詰まってくる。
そんな感情を持ったことのあるママは多いはず。
赤ちゃんを産んで 子育てが始まったら
とても小さな狭い世界で赤ちゃんと向き合うので
肉体的だけではなく、精神的にも疲れがたまって当然です。

赤ちゃんの子育てに疲れた時のイライラ解消法

育児の疲れの解消法を見つけられずに
ただ我慢するだけでやり過ごしてしまうと
自分の子どもに怒りをぶつけてしまったり、
そんな自分が嫌になってしまったり、と負の連鎖が始まっていきかねません。
子どもがある程度大きくなると 一緒に公園などにでたり 
ちょっと外食したりして気分をかえたりして 心の疲れを解消したりできますが 
赤ちゃんの間は家に籠っていることが多くなるので
子育ての疲れをどうやって解消するかが課題となってきますね。

子育てや育児には正解はありません。ただ、子育てに疲れているママは
「悩んでいるのは自分だけで、誰もわかってくれない」
という孤独を感じてしまいがちです。
まずは人と話をすることを心がけ、赤ちゃんの子育てに完璧を求めないこと。
そしてできれば 美容院に行く、メイクやネイルなどで爪を綺麗にしてみたりして、
「赤ちゃんのママ」という立場を離れられる一瞬をもつこと、ではないでしょうか。
それが赤ちゃんの子育てに疲れた時の大きな解消法となることでしょう。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | ママのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てに向かない、向いていない、と考えるママたちへ。


赤ちゃんができてしばらくすると 
「私って子育てに向いていないかも。」
とブルーな気持ちになったことはありませんか。特に新米ママさんにはよくある悩みです。

確かに女性には 母性が強い人と、そうでない人がいると思います。
私の母は母性が薄く、仕事を持っていましたので 
沢山の仕事の中のひとつとして 「母親という仕事がある」という感じでした。
そんな女性もいます。
でも、母が子育てに向かないかどうかは これはわかりません。
なぜなら子育てに正解なんてないからですね。

子育てに向かない、向いていないママたち

どんな子育てだって、子どもはきちんと育ちます。
(命を脅かすような行為は子育てとはいえないので ここでは論外としますね)
子育てに向かないと思ってしまうママは、ご自身の中に子育てのモデルがいて 
そこへ近づけるかどうか、という所で悩んでしまうのではないでしょうか。



もし、子育てに向いていない、とママが感じて苦しくなったら
完璧を目指すことをやめて 肩の力を抜いてみましょう。
そして、自分の子どもではあるけれど
将来の国の力となる預かりもの。
自分の子どもを成人に育て上げることが今の自分の仕事。

なんて考えられたら楽になります。

働きに行ったって、自分に向いている業務ばかりではありません。
でも皆、働いています。
子育てに向いていない女性もいるかもしれません。
でも、子どもを18歳くらいまで育て上げることが仕事なんだ、なんて思えたら
ママの気持ちも少し楽になるかもしれません。
母親業に正解はナシ、私はそう思います。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | ママのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。