スポンサードリンク
   


女の子の初節句(桃の節句)、失敗しない雛人形選び。


女の子が生まれれば、初めての3月、桃の節句の初節句を迎えるときに、
お雛様を用意してあげたいと思いますね。
家庭により違いはありますが、おじいちゃん、おばあちゃんが
誰よりも孫の初節句を楽しみにし、
お雛様も準備してくれるという家庭も少なくはないようです。

女の子の初節句(桃の節句)、失敗しない雛人形選び

私も娘が生まれたとき、育児に追われている親よりも早くに
お雛様のことを気にかけてくれたのは 姑でした。
姑は男の子しか授からなかったので、
ひな人形に対する思いは 誰よりも強かったように思います。

ただ、赤ちゃんの祖父母にあたる舅や姑たちと、親とでは思いが違い、
大事にするところが違うので、お雛様も購入するときは
しっかりビジョンを話し合うことをおススメします。
ちなみに我が家では、姑の強い願いと思いで、やけに7段のひな人形にこだわっていました。



結婚したての私には反論の余地なしで買ってもらったのですが、
結局、1畳分のスペースを要する7段飾りは、
マンション住まいや 3人の子どもと 大型犬のいる我が家には適さず、
飾る場所がないということ、ひな人形を片付けて保管しておく場所もないということ、
また、子どもが小さいうちは7段ものお雛様の片づけが、
想像以上に大変であることなどの問題から、
結局 末娘の初節句に飾ったきり、もう何年もお雛様を出してきていないというのが現状です。

私のおススメはやはり、身の丈に応じたもの。
我が家だと、こじんまりとしたもの。
ガラスケースにはいっているお内裏さまとお雛さまだけのもの。
段かざりでも、せめて3人官女くらいまでのもの。
これくらいが、出しやすく片付けやすく保管しやすい、と思います。

いろんな雛人形がありますね。こちらから、ご覧になって下さい💓

無精せずにお飾りすることも 目的の雛飾りであることはわかっていますが、
雛飾りが、自分にプレッシャーになってしまうとイヤになるだけですから、
自分達のライフスタイルにあったひな人形選びをして、
赤ちゃんの初節句をお祝いしてあげたいですね。
続きを読む
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 季節行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんのお宮参りの時期はいつかしら…。


神社に行くと、お宮参りにきている赤ちゃんをみたことがあると思います。
特に気に止めずに、よくある風景として眺めていましたが
いざ、自分に赤ちゃんができて、お宮参りに行くとなると、
いつ、どのタイミングで行けば良いのか、いえ、もっと言うならば
赤ちゃんのお宮参りっていったいどういうものなのか、さっぱりわからないことに気づきました。
さて、赤ちゃんのお宮参りにはいつ、いけばよいのでしょうか。
また赤ちゃんおお宮参りとはどういうものなのでしょうか。



調べてみると、いろんなことがわかります。
まず赤ちゃんのお宮参りは、いついくのか、という疑問点ですが
これは、生後だいたい、一ヶ月くらいでいくようです。
ものによると、正式には男の子が生後31、32日目、
女の子が生後32、33日目と書かれているものがありますが、
実際にはママや赤ちゃんの体調の良い時など、臨機応変に対応すればよいと思います。
私も12月末に生まれた娘のお宮参りは、
一ヶ月後となると、1月末の一年中で一番寒い時期となるので
少し温かくなってから赤ちゃんのお宮参りとしていきました。
他に来ているお宮参りの赤ちゃんに比べて、大きくなっていて、
しっかりしていて、ちょっと笑っちゃいましたが、
それはそれで、よい思い出となっています。



 ママもおしゃれに、セレモニーワンピース 

もともとは医学の発達していなかった昔、赤ちゃんの健康を願って、
土地の守り神に、氏子として認めていただく儀式のようなものだということですが、
今はその土地に根をはって生涯生きていく、ということも少なくなり、
赤ちゃんのお宮参りも一種のセレモニーとなってきています。
ですから、いつ、赤ちゃんのお宮参りにいくか、となれば
ママや赤ちゃんの体調の良い時、また、夫や妻の実家に戻った時、など
深くしきたりに拘ることなく、自分たちの生活リズムに合わせて行うとよいでしょう。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 季節行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんのお食い初めセレモニーで用意するメニューはどうしたらよいでしょうか。


赤ちゃんが誕生して100日が過ぎると、お食い初めというセレモニーがあります。
赤ちゃんお食い初めのメニューはどんなものを用意したらよいのでしょうか。
そもそも、お食い初めとはどういうものでしょうか。
これは生まれてきた赤ちゃんが、一生食べるものに困らないように、と
丈夫な歯が生えてくるように、という願いを込めて 行なわれるセレモニーです。
赤ちゃんが誕生してから100日目に行なう、儀式のようなものなのであくまで形だけです。

赤ちゃんのお食い初めのメニュー

100日といえば、生後3カ月とちょっとですから、
まだ実際に食事をとるのは、ずっと先ですね。
離乳食が始まるのも、5ヶ月くらいからですから
赤ちゃんのお食い初めに いろんなメニューを取り揃えても
赤ちゃんの口の前に運んで、「食べる」という真似ごとだけとなります。
それでも、これからの赤ちゃんの幸せを願って
「食べる真似をするセレモニー」
であっても、赤ちゃんにとっても一生に一回のことですから
メニューはきちんと揃えてあげたいですね。



赤ちゃんのお食い初めのメニューなどは
その土地の風習や慣わしがあることが多いので、習うことが一番ですが、
基本は一汁三菜といわれていますが、こだわりがないのならばとりあえず、
鯛の尾頭付きとお赤飯があれば、おめでたいものという格好がつきます。
何度もいうようですが、赤ちゃんのお食い初めといっても実際は食べられないので
「お食い初めというセレモニーをした」ということが大切なことなのです。
ですから、赤ちゃんのお食い初めのメニューで悩まなくても、
例えば、ケーキでお祝いしても、それはそれでよいと思います。
要は赤ちゃんのこれからの幸せを皆が願うことが大切なのですね。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 季節行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんへのクリスマスプレゼントは何がよい?


毎年、この季節になると ママやパパの悩みは子どもへのクリスマスプレゼント
そのクリスマスプレゼント赤ちゃんにはどんなものをプレゼントしたらよいでしょうか。
まだ小さな赤ちゃんなので、口に入って誤飲しやすい細かなおもちゃは絶対避けたいですね。
赤ちゃんの月齢にもよりますが、
赤ちゃんの五感を刺激できるものがあれば、
ただのおもちゃではなく、成長の学びとして良いと思います。
最近はトイザラスのようなおもちゃの専門店にも、
知育玩具として販売されているので、知育玩具のコーナーを除きに行くと、
月齢別におもちゃも並んであり、とても参考になります。
光るもの、動くもの、それから自分の指先を使うもの、
月齢のいかない赤ちゃん向けの絵本などが多く並んでいますね。

知育玩具がこんなにあります!こちらから知育玩具を探せます揺れるハート

また、昔から赤ちゃんへのクリスマスプレゼントとして人気のあるものは、
やはり積み木ですね。
木の積み木やプラスチックでできている積み木、
赤ちゃんでも簡単に持てるようになっている大きさ、
積み木の重さも赤ちゃん合わせたサイズの積み木。
もちろん、口に入れても安全な素材で作られていることはいうまでもありませんね。

次のページもよく読まれていますひらめき
アレルギー体質の赤ちゃん。アレルギーの症状と原因
白黒絵本は赤ちゃんへの初めてのプレゼント
赤ちゃんのおへそが黒い?
赤ちゃんの歯磨き 月齢10ヶ月の巻
卒乳について考えてみましょう。月齢11ヶ月の巻

サンタさんが持ってきてくれるか、パパやママからのプレゼントかは
そのお家の考え方、それぞれでしょうが、
クリスマスプレゼントは子ども達にとって最高の贈り物、楽しみにしているはずです。
月齢に応じたクリスマスプレゼントをトイザラスのような大型おもちゃ店でも、
また今はインターネットのネットショッピングで探すこともできます。
沢山の中から、自分の赤ちゃんにピッタリのプレゼントを見つけることができると良いですね。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 季節行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。