スポンサードリンク
   


赤ちゃんがミルクを吐くと不安になります。


赤ちゃんミルクを飲んでから吐く、そのことで悩んでいるママがとても多くいます。
私も自分の子どもが赤ちゃんの頃は、機嫌よくミルクを飲んだかと思ったら吐くので
不安でつぶれそうになったこともあります。
なぜ、赤ちゃんはミルクを吐くのでしょうか。
理由はいくつかあるようです。
一つはミルクのあげ過ぎの場合です。
生後3カ月くらいまでは満腹中枢が発達していないので
赤ちゃんはミルクをあげればあげるだけ、飲んでしまいます。
だからといって、ミルクの量を減らす、という考えには結びつけない方がよいと思います。

赤ちゃんがミルクを吐く

ミルクの缶には一般的な量が表示されていますが、
赤ちゃんの個体差があるので、記載されている量にはあまりこだわる必要はありません。
赤ちゃんがママにとって何人目の子どもでも、それぞれ個性があるので
兎にも角にも、その赤ちゃんのミルクの飲む量を
毎日の繰り返しで把握していくことが 一番の近道といえそうです。
赤ちゃんがミルクを吐いても、機嫌がよく、体重が増えていれば心配はいりません。



赤ちゃんがミルクを吐く理由はまだあります。
それは胃の形状です。
胃の形は 大人は誰もが知っている通り、カーブを描いていますが、
赤ちゃんの胃の形は ほぼまっすぐと考えられます。
したがってミルクの溜まるところがなく、ゲップをしただけでも
赤ちゃんはミルクを吐いてしまうのですね。
赤ちゃんのミルクを吐いた場合、ただ一つ気をつけておきたいことは、
吐いたミルクの中に血液などが混ざっていないか、ということです。
問題がなく、赤ちゃんの機嫌がよく、熱等もなく、体重も増えていれば、
悩むことはないと思いますが、相談する人もなくママが不安で潰されそうな場合は、
かかりつけ医や、地域の保健婦さんに相談すると良いでしょう。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 授乳・ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麦茶アレルギーと小麦アレルギーの関係。麦茶アレルギーの赤ちゃんは心配です。


食物アレルギー持っている赤ちゃんは
麦茶でもアレルギー反応がでる場合があると聞きます。
小麦アレルギーを持っている赤ちゃんに可能性があるそうです。

麦茶は元々大麦で作られているので、
小麦アレルギーを持っていたら麦茶アレルギーが出るかも、
と頭の片隅で考えておいたほうが良いですね。




小麦アレルギーの度合いにもよりますし、重度のアレルギーでなければ 
大きな問題はないとも言われています。
ただ、麦茶に使用されている大麦などの麦類は、
小麦とタンパク質の構造が似ているため アレルギー反応を起こしやすいのですね。
アレルギー疾患を持っていると アナフィラキシーショックを起こしたときに呼吸困難になり、
命を落とす怖い場合もあるので、小麦以外のものでアレルギーが出たり、
また両親のどちらかが強いアレルギー体質だったりする場合は、
赤ちゃんも一度血液検査をして、何に反応するか調べておいた方が賢明でしょう。
卵や、大豆、乳製品などの食物アレルギーはメジャーですが、
麦茶に反応する赤ちゃんは、どちらかといえば少数派だと思いますので、
悪気なく周囲の大人が麦茶を赤ちゃんに与えることは充分に考えられるからです。




また、小麦アレルギーの中にも特定の食品にだけ反応するという場合もあり、
例えばパンを食べても大丈夫なのに麦茶を飲んだら発疹が出た、という症例もあるので、
やはり大人が気を付けてあげなくてはなりませんね。
とにかく、小さな赤ちゃんは自分の子どもとはいえ、いろんなことが未知です。
何か食べ物を食べていて、異常が起きれば
とにかく病院で診察を受けられることをおすすめします。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 授乳・ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんはいつまでミルクを飲むの?


赤ちゃんは生まれてから、母乳やミルク、フォローアップミルクなどに
お世話になりながら、大きく育っていきます。
そして離乳食が始まる頃になると、その可愛さはドンドン増してきますね。
ところで、このミルク、いつまで赤ちゃんは飲んでいるのでしょうか。
いつミルクをやめればよいのでしょうか。



マニュアル的に言えば1歳から1歳6ヶ月くらいを目安に、ミルクを終わらせれば良いみたいですね。
卒乳ですね。
でも、これはあくまでマニュアルですから、やはりそれぞれの赤ちゃんに応じて
いつまでミルクを飲むかを、ママが決めればよいと思います。

一般的にはキチンと3回の離乳食をしっかり食べていれば、
栄養を採るという意味ではミルクを飲む必要はなくなります。
虫歯や口の中の衛生面を考えても、コップが使えるようになっているならば、
哺乳瓶などを使ってミルクを飲むことも、もう卒業しても良いと言えるでしょう。
でも先にもお話ししたとおり、赤ちゃんの様子をみながら、
その赤ちゃんの性格なども考えながら、
赤ちゃんのミルクをいつまで飲むか、与えるかを考えましょう。

人気のページでするんるん
赤ちゃんの体温を計るのは苦労します。体温計のいろいろ。
赤ちゃんの絶壁頭の枕は有効?
赤ちゃんが指差しをしないと気になります
赤ちゃんが笑う時期はいつから?
赤ちゃんへのおすすめおもちゃはやっぱり積み木!

ミルクが欲しいのではなく、ミルクを飲むという行為好きで、
また母乳の場合はママとのスキンシップがしたくて
いつまでもミルクを欲しがる赤ちゃんもいます。
そんな場合、力づくで卒乳させる必要はないと思いますが、
こういう場合で、どうしてもやめたい場合は
卒乳すると決めたら、ママは赤ちゃんがどんなに欲しがっても根負けしないことです。
そうすれば、赤ちゃんも3日〜1週間でケロリとおっぱいのことを忘れてくれます。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 授乳・ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。