スポンサードリンク
   


赤ちゃんのインフルエンザは初期症状に注意して!


赤ちゃんインフルエンザにかかります。
インフルエンザ初期症状がわかっていれば、
感染したことに早く気付くことができます。
赤ちゃんはまだ自分の意思を伝えられないので、
全ての症状は ママや近くにいる大人が察知してあげなくてはなりません。
それだけに、赤ちゃんのインフルエンザは初期症状の段階での処置が
赤ちゃんの体への負担も軽くする結果へと繋がるはずです。
赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、どんな症状が表れるでしょうか。



【ノロウィルス 対策】【インフルエンザ 対策】【除菌】【消臭】【洗浄】【赤ちゃん】【ペット...

もちろん高熱はでます。
普通の風邪などは微熱から徐々に熱もあがり、
症状が重くなっていくケースが多いのですが
インフルエンザの場合は今まで機嫌よくしていたのに
なんだか顔が赤いな、とか、ぐずぐず言うな、とか
何より抱っこしたときに「あれっ?」と 普段と違う体温の温さなどの
赤ちゃんの初期症状で、インフルエンザの感染に気づいたりします。
高熱がでている症状は、大人も子供も赤ちゃんも大きく変わりはないので
自分が高熱のときにどんな感じだったか、を思い出して対応するとよいでしょう。

注意点は、高熱による脱水症状や熱性けいれんに気を付けることですね。
水分補給には特に気をつけてあげましょう。
また、泣き声や泣き方は健康のバロメーターです。
いつもとどう違うか、赤ちゃんがどんな症状かはメモをとるなり、しっかりと記憶して
病院を受診する時に先生に伝えることができれば
よりよい診断をしていただけることでしょう。

高熱による脱水症状。
食欲不振による体力低下。
赤ちゃんは抵抗力がないので、
ほかの病気にかかってしまう合併症などが怖いです。
インフルエンザが流行しているときに、
赤ちゃんの様子がおかしかったり、
高熱が突然出たり、
赤ちゃんにこれらの初期症状があればインフルエンザを疑って
赤ちゃんを観察する習慣をママや周りの大人が身につけるとよいですね。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。