スポンサードリンク
   


赤ちゃんがインフルエンザにかからない為の予防対策。


インフルエンザの季節がきました。
赤ちゃんのいる家庭では心配な季節です。
インフルエンザはその病気だけでなく、他のものも併発する恐れがあるので、
しっかりと予防対策をとり、インフルエンザから赤ちゃんを守りましょう。
少し話題は下火になっていますが、鳥インフルエンザの恐怖もあり、
渡り鳥がインフルエンザウィルスに感染している、というニュースも流れます。
今のところ、人間への影響はありませんが、
いつ変異するか、大流行するかわからないので
赤ちゃんがいるママやパパは、インフルエンザのニュースが気になるところです。

いくつになってもインフルエンザにはかかりたくありませんが、
体力や免疫のない赤ちゃんは 特に気をつけたいところです。
インフルエンザが赤ちゃんにうつることを避ける為には
どんな予防対策をとればよいでしょうか。
まずはパパやママ、赤ちゃんのきょうだいなど
家族がインフルエンザにかかってしまっては、
赤ちゃんにうつる確率もグッと上がってしまいます。
赤ちゃんがいる家庭では 周囲の人たちが予防接種を受けて、
インフルエンザウィルスに感染しないように気をつけたいところです。



【2ケース以上にて送料無料!】赤ちゃんのための水分補給を考えた飲料。お出かけ、お散歩や遊ん...

次に、赤ちゃん自身がウィルスに感染しないための予防対策方法として、
流行期にはできるだけ 人ごみを避けてあげることを心がけましょう。
お買い物や公園などは、午前中のできるだけ早い時間にでかけ、
用事を終わらせるとよいでしょう。
何かと生活のリズムが変わり、慣れるまでは大変かもしれませんが、
インフルエンザに赤ちゃんがうつるリスクを考えると、努力できる予防対策です。
インフルエンザに赤ちゃんがうつると、
インフルエンザの後遺症など、他にも不安が膨らんでくるので
インフルエンザの時期はいろんな予防対策をとり、
ウィルスから赤ちゃんを守ることが、
結局は一番 手のかからない予防対策となることでしょう。


posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。