スポンサードリンク
   


赤ちゃんのインフルエンザの症状。風邪との見分けかた。


大人はもちろん、こどもでも、小学生高学年くらいになると
体の症状や、自分で体調不良を伝えることもできるし、
いろんな情報から、自分がインフルエンザにかかったかもしれない、
という意識は持てると思います。
ところが赤ちゃん
インフルエンザ症状かも」
と考えることはできるわけもなく、
自分の体の調子が悪くなっていることも上手く伝えられません。
ですから、ここは大人が赤ちゃんの様子の変化を
しっかり見極めなければなりません。



インフルエンザウイルスにかかると
さっきまで機嫌よくしていたのに急に高熱が出ます。
大人や 自分の症状が伝えられるくらいの年齢の子どもは
悪寒や気分の悪さに気づくのでしょうが、
赤ちゃんは、動けるギリギリのときまで普通にしているので、
急にぐったりしてきた、ゴロゴロ寝転がって動きが悪い、
ほっぺたが赤い、ぐずぐずと機嫌が悪い、
というような症状が見られたら、身体の異変に気づいてあげてください。
インフルエンザの症状ではなくても、
何か体調が悪くなっている可能性が高いです。

インフルエンザは 高熱のあとに鼻水がでたり喉の痛みがあったりします。
ということは、見た感じは風邪の症状も 体調不良も見られないのに
突然、熱があがってくる症状となると、
インフルエンザに感染したことを疑ってみてもよいと思います。
また、住んでいる地域、学校や幼稚園などで
インフルエンザが流行していたら、
感染している可能性はますます高くなりすね。
頭を痛かったり、関節を痛がったりするのも
インフルエンザの症状ですが、それがママに伝えられるかどうかは
赤ちゃんの月齢により、大きく違ってくるでしょう。

インフルエンザは風邪とは全く別物。
まれに後遺症が出たりもするので、
早めにお医者様を受診することをお勧めします。
赤ちゃんのインフルエンザは風邪とは違って怖いです。
赤ちゃんのインフルエンザの症状をキャッチできるように、
流行期は特に気をつけておきましょう。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。