スポンサードリンク
   


赤ちゃんと猫が同居する時の注意点。猫も家族だ!


赤ちゃんが生まれる前からがいる場合、同居生活について飼い主は悩むと思います。
猫も家族ですから、新しく家族になった赤ちゃんとの同居との注意点を守りながら
上手く生活していきたいですね。
猫と赤ちゃんとの同居での注意点はいくつかあります。
まずはアレルギーの問題。
これは大人にもありますが、猫アレルギーの人は世の中に結構いるものです。
それが免疫や抵抗力の低い赤ちゃんとなれば、いかなるものか、想像がつきません。
もちろん全く猫との同居に何のアレルギーもなく
平気だという赤ちゃんもいることでしょう。

赤ちゃんと猫の同居生活の注意点

猫に対してアレルギーがでる原因は、猫のフケや唾液といわれています。
つまり、こまめな掃除と清潔な環境を整えるようにしましょう。
考えればそのような環境は、赤ちゃんが生まれたら
猫と同居するしないにかかわらず、当然のことですね。



次に猫と赤ちゃんの同居の注意点として大きく心配されるものは、トキソプラズマ感染症です。
トキソプラズマ感染症は人畜共通感染症の一つといわれています。
猫科の場合は排泄物から感染するといわれていますが、
これも猫のウンチを24時間以内に片づければ大きな心配はないとされています。
なぜならば、排泄したばかりのウンチには感染能力はほとんどなく、
空気に触れることによって感染能力を持つとされているからです。
時間は24時間から3週間。
赤ちゃんのいる生活で、猫の排泄物をそんなに長い間、
そのままにしておくことは考えられないと思います。

合わせて読まれている注目の記事はこちら 
次項有 赤ちゃんと猫とトキソプラズマ
次項有 赤ちゃんが笑う時期はいつから?
次項有 赤ちゃんに医療保険は必要?

こうして考えると、猫と赤ちゃんが同居することに対して注意点
とにかく生活環境を清潔に整えるということではないでしょうか。
その他の注意点は強いて言うならば、
猫が赤ちゃんに対して敵対意識をもったり、恐怖心を持ったりすることの懸念です。
赤ちゃんやミルクの匂い、また泣き声等の音、飼い主に対する嫉妬など、
少しづつ猫に対して慣らしてあげることも必要かと思います。
猫も可愛い家族ですが、念のため、はじめのうちは
部屋で猫と赤ちゃんとだけにしないようにすることも、
猫と赤ちゃんが同居することの注意点の一つと言えるでしょう。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 行動・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。