スポンサードリンク
   


赤ちゃんがミルクを吐くと不安になります。


赤ちゃんミルクを飲んでから吐く、そのことで悩んでいるママがとても多くいます。
私も自分の子どもが赤ちゃんの頃は、機嫌よくミルクを飲んだかと思ったら吐くので
不安でつぶれそうになったこともあります。
なぜ、赤ちゃんはミルクを吐くのでしょうか。
理由はいくつかあるようです。
一つはミルクのあげ過ぎの場合です。
生後3カ月くらいまでは満腹中枢が発達していないので
赤ちゃんはミルクをあげればあげるだけ、飲んでしまいます。
だからといって、ミルクの量を減らす、という考えには結びつけない方がよいと思います。

赤ちゃんがミルクを吐く

ミルクの缶には一般的な量が表示されていますが、
赤ちゃんの個体差があるので、記載されている量にはあまりこだわる必要はありません。
赤ちゃんがママにとって何人目の子どもでも、それぞれ個性があるので
兎にも角にも、その赤ちゃんのミルクの飲む量を
毎日の繰り返しで把握していくことが 一番の近道といえそうです。
赤ちゃんがミルクを吐いても、機嫌がよく、体重が増えていれば心配はいりません。



赤ちゃんがミルクを吐く理由はまだあります。
それは胃の形状です。
胃の形は 大人は誰もが知っている通り、カーブを描いていますが、
赤ちゃんの胃の形は ほぼまっすぐと考えられます。
したがってミルクの溜まるところがなく、ゲップをしただけでも
赤ちゃんはミルクを吐いてしまうのですね。
赤ちゃんのミルクを吐いた場合、ただ一つ気をつけておきたいことは、
吐いたミルクの中に血液などが混ざっていないか、ということです。
問題がなく、赤ちゃんの機嫌がよく、熱等もなく、体重も増えていれば、
悩むことはないと思いますが、相談する人もなくママが不安で潰されそうな場合は、
かかりつけ医や、地域の保健婦さんに相談すると良いでしょう。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 授乳・ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。