スポンサードリンク
   


赤ちゃんの湿疹あれこれ。症状と原因について。


赤ちゃんは何かというと湿疹をだします。
赤ちゃん湿疹原因にはいろいろあり、原因により症状も違ってきます。
赤ちゃんの湿疹について、原因と症状を調べてみました。

赤ちゃんの湿疹の原因と症状

湿疹の代表的なものには、
あせも、じんましん、乳児湿疹、そしてアトピー性皮膚炎があります。
あせもの原因と症状ですが、
あせもはその名の通り、汗をかいたことにより、かぶれたようになり、
赤くて細かいぶつぶつが、首や髪の生え際、胸、背中、肘、膝の後ろなど、
汗をかいてたまりそうな所にできます。
あせもそのものは、そんなに怖い湿疹ではありませんが、
あせもが引き金になって、化膿し皮膚炎へ、
そしてもっと悪い連鎖を引き起こしていく場合があります。
清潔にすることで、あせもは防ぐ可能性がある湿疹です。

蕁麻疹は、食べ物や薬、触ったもの、感染症、寒さや暑さなど
ありとあらゆるものが原因でできます。
健康体なら大丈夫でも体力が落ちていたら、風邪をひいただけでも蕁麻疹が出たりもします。
症状も赤くポツポツ出るものや、皮膚にベタっと張り付いたように出るものなど様々です。
ほとんどが痒みを感じます。



アトピー性皮膚炎は、子どもを持つママならば、
一番と言っていいほど、恐れているものではないでしょうか。
一過性ものではなく、長い付き合いになるので それなりに覚悟が必要とされます。
原因も特定できるまでには時間がかかる場合が多いです。
赤ちゃんの場合、ミルクやよだれがついたままにしておかないようにするとか、
刺激の強い石鹸、シャンプーの類いは控えるなどして、
原因が特定できるまで ゆっくりと対応するとよいのではないでしょうか。

次のページもよく読まれています 
次項有 アレルギー体質の赤ちゃん。アレルギーの症状と原因
次項有 麦茶アレルギーと小麦アレルギーの関係。麦茶アレルギーの赤ちゃんは心配です。

乳児湿疹の原因と症状です。
乳児湿疹は赤ちゃんの顔や体にでる赤い湿疹を総称していいます。
お腹の中にいた時のママからの女性ホルモンに
大きく影響されているといいわれています。
母乳で育てている赤ちゃんの場合は 
その後のママの食生活も影響している可能性があるので
湿疹が酷い場合は、その辺りも気にしてみる必要があるかもしれません。

赤ちゃんは自分の言葉で伝えることができず、つらい時はぐずって泣くしかありません。
赤ちゃんが湿疹でつらそうな場合は、
症状を見極めて原因を突き詰めることができると予防することもでき、
痒み等を緩和してあげることができます。
方法の一つとして、専門医を受診し相談することも一つですね。
posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。