スポンサードリンク
   


女の子の初節句(桃の節句)、失敗しない雛人形選び。


女の子が生まれれば、初めての3月、桃の節句の初節句を迎えるときに、
お雛様を用意してあげたいと思いますね。
家庭により違いはありますが、おじいちゃん、おばあちゃんが
誰よりも孫の初節句を楽しみにし、
お雛様も準備してくれるという家庭も少なくはないようです。

女の子の初節句(桃の節句)、失敗しない雛人形選び

私も娘が生まれたとき、育児に追われている親よりも早くに
お雛様のことを気にかけてくれたのは 姑でした。
姑は男の子しか授からなかったので、
ひな人形に対する思いは 誰よりも強かったように思います。

ただ、赤ちゃんの祖父母にあたる舅や姑たちと、親とでは思いが違い、
大事にするところが違うので、お雛様も購入するときは
しっかりビジョンを話し合うことをおススメします。
ちなみに我が家では、姑の強い願いと思いで、やけに7段のひな人形にこだわっていました。



結婚したての私には反論の余地なしで買ってもらったのですが、
結局、1畳分のスペースを要する7段飾りは、
マンション住まいや 3人の子どもと 大型犬のいる我が家には適さず、
飾る場所がないということ、ひな人形を片付けて保管しておく場所もないということ、
また、子どもが小さいうちは7段ものお雛様の片づけが、
想像以上に大変であることなどの問題から、
結局 末娘の初節句に飾ったきり、もう何年もお雛様を出してきていないというのが現状です。

私のおススメはやはり、身の丈に応じたもの。
我が家だと、こじんまりとしたもの。
ガラスケースにはいっているお内裏さまとお雛さまだけのもの。
段かざりでも、せめて3人官女くらいまでのもの。
これくらいが、出しやすく片付けやすく保管しやすい、と思います。

いろんな雛人形がありますね。こちらから、ご覧になって下さい💓

無精せずにお飾りすることも 目的の雛飾りであることはわかっていますが、
雛飾りが、自分にプレッシャーになってしまうとイヤになるだけですから、
自分達のライフスタイルにあったひな人形選びをして、
赤ちゃんの初節句をお祝いしてあげたいですね。





posted by 赤ちゃんとママの楽しい生活 at | 季節行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。